二次障害情報ネット


用語解説


 

あ行 アテトーゼ
か行 頸椎症「頸椎症性脊髄症」  痙性、固縮、拘縮
さ行 ジストニア  錐体外路系  錐体路系  脊椎・脊髄
た行 大脳基底核
な行 脳性麻痺  二次障害

 

 

●脳性麻痺 〔のうせい まひ〕 (cerebral palsy)

 受胎から新生児(生後四週間)までの間に生じた脳の非進行性病変に基づく永続的な、しかし変化しうる運動及び姿勢の異常である。その症状は、二才までに発現する。一過性運動障害、または将来正常化するであろう発達遅滞は除く。(厚生省脳性麻痺研究班、1968)
 疾病名ではなく病態を表す。
 原因は胎児期のウィルス感染、出産時の酸欠状態、核黄疸、低体重(未熟児)などがあげられる。遺伝する事はない。
アトテーゼ型、失調型、痙直型、混合型などに分類される。
場合によっては、知的障害等を合併する。
 ポリオ(小児まひ・急性灰白髄炎)と混同されがちであるが、ポリオが生後のウイルス感染による脊髄の異常による麻痺であるのに対して、脳性麻痺は上記のように脳神経の異常による麻痺である。四肢の不自由さに目が行きがちであるが、多くの脳性麻痺者は言語の障害を抱えておりコミュニケーションの不自由さが生活の上で問題になる事が多い。

痙直型
 筋肉や関節が固く麻痺して衰弱しまう事を特徴とするタイプ
四肢全てに麻痺があらわれる(四肢麻痺)主に脚にあらわれる(対麻痺)左右片方の脚ないしは腕にあらわれる(片麻痺)などがある。脳性麻痺で一番多いタイプである。

アテトーゼ型
 不随運動を特徴とするタイプ。
不随運動のあらわれ方は精神状態と関連がある。リラックスしている時は、出来る事も、人前や精神的にプレシャーのかかった状態では、うまく出来なくなる事がある。逆に睡眠中は不随意運動は消失している。筋肉は緊張しているが、痙性の麻痺はない。

失調型
 運動時に体各部分の調整がうまく出来ないタイプ。
素早い動きや微妙な動きが出来ない事が多い。ふるえがある場合もあり筋肉は弛緩している事が多い。

混合型
 上記の2つ以上の特徴があらわれているタイプ。
アテトーゼ型と痙直型が一緒にあらわれるタイプが一番多い。

▲ページの先頭へ▲

●二次障害 〔にじ しょうがい〕

 二次障害とは、成人の肢体不自由障害者、とくに脳性麻痺障害者で、既存の障害による、持続的な姿勢の異常(痙性麻痺)や、体の各部分における持続的な過負荷状態(不随意運動)が原因で、骨格等の変形により、色々な疾患を発症し、新たに生活上の不自由をきたすことを言う。

 症状としては、肩こり、手足の痺れ、頸や腰、股関節など体の各部関節の痛みやこわばり、運動能力や筋力の低下、排尿の変化、自律神経失調の様な症状など、幅が広く様々ものが見られる。

 発見、治療が遅れると、四肢の麻痺、最悪の場合、全身の麻痺に陥る可能性もある。

 発症する疾患としては、頸椎や、腰椎の変形性脊椎症、椎間板ヘルニア、変形性股関節症、脊椎側彎症、ポストポリオ症候群などがあげられる。
 30代から発症する例が多いが中には20代でも発症する事もある。
 重度の障害者ほど早く発症する傾向にあるが、生活の仕方や就労形態などにより、軽度の障害者でも若年から発症する場合もある。

▲ページの先頭へ▲

●アテトーゼ(アテトーシス) athetose(独) athetosis(英)

 本人の意思とは関係なく体の各部が動いてしまう「不随意運動」の一種、ある姿勢を維持したり運動を行おうとする時に現れる。
 顔面、手足に現れる事が多い。手足や頭をゆっくりとくねらせるような不規則な動きをする。 疲労や精神的緊張によって増悪する。 大脳基底核、特に線条体の病変に由来するとみられている。 脳性麻痺のアテトーゼは症候性アテートーゼの一種である。
 治療に関しては、精神安定剤、筋弛緩剤の投与のほか、機能訓練も試みられる事がある。 薬物の投与に関しては、日常生活に与える影響も大きく、難しい側面もある。
 装具療法は現在のところ効果は認められない。 外科的療法は、脳性麻痺者の場合、特に適応が非常に難しい。 脳性麻痺の障害者の二次障害の大きな原因の一つとなっている。

▲ページの先頭へ▲

●ジストニア(ジストニー)dystonia(英)

 本人の意思とは関係なく体の各部が動いてしまう「不随意運動」の一種、四肢、体幹をゆっくりねじる、あるいは、ねじった姿勢を一定時間保つ。 「手」に現れれば、「書痙」「頸部」に現れれば「斜頸」という。 パーキンソン病その他の、疾患によっても発現し、他の不随意運動(アテトーゼなど)と混在して出現する事が多い。

▲ページの先頭へ▲

●頸椎症「頸椎症性脊髄症」〔けいついしょう・けいついしょうせい せきずいしょう〕

 頸部脊椎の椎体の変形、椎間板の突出により、脊髄もしくは神経根(脊髄から体の各部に出て行く神経の付け根の部分)が圧迫され痺れや痛み、運動障害等がでる疾患。健常者でも加齢により発症する事があり、特に稀なものではない。二次障害の原因疾患の代表的な一つ。

▲ページの先頭へ▲

●痙性、固縮、拘縮 〔けいせい、こしゅく、こうしゅく〕

痙縮(痙性)
 関節を他動的に動かそうとした時に、素早く動かそうとすると抵抗が強く。ゆっくり動かすと抵抗が弱くなる状態をいう。

固縮
 関節を他動的に動かそうとした時に、素早く動かそうと、ゆっくり動かそうと、抵抗が変わらない状態を言う(鉛管様固縮: lead pipe rigidity)。場合によっては抵抗が断続的にゆるむことがあるが歯車様(cog-wheel)、いずれにしろ、動かす速度を変えても抵抗は変わらない。

拘縮
 関節を他動的に動かそうとした時に、いくらゆっくり力を入れて動かしても関節の可動域が少なくなっている状態を言う。

痙縮、固縮、の状態では、関節の可動域が狭くなる事はなく、関節の可動域が制限されている場合、かならず拘縮がある。

▲ページの先頭へ▲

●錐体外路系 〔すいたいがいろけい〕

 運動を司る神経の一部、錐体路系が随意運動の指令が伝わる経路であるのに対して、錐体外路系は無意識の運動を司っている。この部分がうまく機能しないと不随意運動が現れる。

▲ページの先頭へ▲

●錐体路系 〔すいたいろけい〕

 運動を司る神経の一部、随意運動の指令が伝わる経路、この部分に問題があると、痙性の麻痺があらわれる。

▲ページの先頭へ▲

●脊椎・脊髄 〔せきつい・せきずい〕

脊椎
 いわいる背骨。32個の椎体(七つの頸椎、十二の胸椎、五つの腰椎、五つの仙骨、3つの尾骨)と第二頸椎の下から第五腰椎の下にある椎間板(軟骨)からなる。中に脊髄を通す空間があり、その連なりを脊柱管という。椎間板が潰れ、脊柱管にはみ出し、脊髄を圧迫して神経症状を引き起こす疾患を、椎間板ヘルニアという。

脊髄
 脳と並ぶ中枢神経の一つ、脊椎の中にある。そこから、31対の脊髄神経が出ていて、体の各部分の感覚、運動を支配している。


脊椎の図図を拡大する 脊髄神経の図図を拡大する

▲ページの先頭へ▲

●大脳基底核 〔だいのうきていかく〕 (Basal Ganglia)

 大脳半球の深部にある灰白質塊で終脳から発生する神経核。 尾状核(caudatenucleus)、被殻(putamen)、淡蒼球(globus pallidus)、扁桃体(amygdaloid body)、前障(claustrum)、からなる。 被殻と淡蒼球を合わせてレンズ核ともいうが、両者は構造、機能とも異なる。
 また、尾状核と被殻が同じ構造、機能を持ち新線条体と呼ばれ、これに対して、淡蒼球は旧線条体として区別される。
これらは、いずれも錐体外路系の中枢で、骨格筋の運動および緊張を無意識に支配する。

大脳基底核の図図を拡大する

 

▲ページの先頭へ▲


ホーム | 会の概要 | 我々の抱える課題 | リハビリ&各種療法 | 参考文献
けんこう通信 | シンポジウム | 入会案内 | 用語解説 | リンク集